21世紀に入り、社会がモノの生産ではなく、人々の暮らしをいかに豊かにするかを軸に動きつつある時代となりました。信歩靴業が「シューズ事業スリッポン、厚底シューズ、インヒールシューズ、デッキシューズ、ナースシューズ、コンフォートシューズ、ランニングシューズ、ウォーキングシューズ、バスケットシューズ、シャワーサンダル、カジュアルシューズ、ローカット、ハイカット、ニーハイブーツ、革靴、ショートブーツ、ムートンブーツなどの人気シューズ)を通じ、快適で豊かな社会の実現をめざす」という経営理念 を掲げているのは、時代の要請を踏まえ、人々の暮らしや、地域社会に貢献していきたいと考えているからです。

当社は常に「堅実・着実」を基本に牛の歩みのごとく続けています。激化するグローバル競争に勝ち抜くため、製造メーカの原点に立ち帰り、QDC(クオリティ、デリバリー、コスト)を追求するとともに、いままで培った会社組織化、高責任感体制をより深化させ、これからも時代を切り開く新しい価値を創造することに挑戦し続けます。

現在はグローバル経済成長力不況、社会と経済構造の変化の渦中にあり、世界の工場と呼ばれる中国にも大きな影響を及ぼしました、企業にとっては大きな試練の時といえます。しかし、全社員が積極的に行動することで、この困難を乗り越えることを確信しております。

    今後も21世紀を生きぬくにふさわしい、新しいスタイルのシューズ会社の更なる進化を目指して活動してまいります。今後とも一層のご愛顧とご支援を賜ります様、お願い申し上げます。           

    「信歩」 顔を輝かせ、自信を満ち、颯爽と歩き

    「信歩」 お互いに信頼をもち将来を歩き