アモイの近況

■市街

アモイは、6つの区からなっています。市街地の中心はアモイ島で、中山路、思明南路などの繁華街、禾祥西路から禾祥東路にかけての住宅街、湖濱
南路のビジネス街、湖濱北路の官庁街などがあります。その他、建築資材関係の会社が集まる江頭、下町の風情を残す台湾街などがあります。

コロンス島は、歴史的建築物が数多くあり、観光スポットとして多くの人が訪れます。最近は景観に重点を置き、海湾公園をはじめとする公園整備、ビルディング等のネオン、イルミネーション、店舗の看板の整備が行われており、近代都市を感じさせます。

宿近くの市場

■治安状況

アモイの治安状況は比較的良好です。市の中心は面積約130㎢のアモイ島で、海港景観都市として観光地であり、また経済特区でもあり、市当局は治安面に非常に力を入れています。中国でも有数の治安の良い場所となっています。

しかし、海外であることに変わりはありません。深夜の外出、暗い道、暗い所、人があまり行かない所は避けるべきです。また、一人歩きはやはり危険を伴なう場合もあるので数人での外出を推奨します。

スリ、置き引きは多く、特に人ごみ、バス車両内、船内は注意が必要です。バッグは首または肩から下げ、体の前面で持ち歩くことをお勧めします。その他、海外旅行の一般的な注意事項を遵守すれば、トラブルに巻き込まれるようなことはほとんどありません。

アモイの夜景

■景況

アモイは16世紀初めの明の時代にオランダ、スペイン、ポルトガルなどの外国商人が茶葉の買い付けに多く訪れ、中国随一の茶葉輸出港として繁栄しました。現在でも福建省のウーロン茶は有名です。

1979年に経済特区に指定されてからは、海外投資も多く、外資系企業が多数進出しました。日本企業は台湾、アメリカに次ぎ3位です。アモイは中国の都市の中でも貿易高は高く一人あたりのGDPも高水準です。

2003年3月から中国で発生したSARS問題は、福建省にも大きな影響を与え経済的には落ち込みましたが、8月頃から徐々に持ち直しました。
また、アモイは上海、広州、大連などの都市とは幾分か異なり、中小企業が経済を支えており、中小企業の貿易が著しく、中小企業が進出、貿易しやすい環境に
あり、発展が見込めます。

2007年から道路工事、モノレールの設備、ビルディングの建設等、近代都市化が急速に進められています。

振成楼(内部4階建て)

■民族・風習

アモイの住民は元々閩南(ミンナン)人と呼ばれており、福建省は閩南人(アモイ、泉州など)、閩北人、閩西人、客家人などの民族が住む地域です。現在はアモイの人口の半数以上が福建省以外から来ています。

しかし、中秋節には人々はサイコロを振って1年の運を試す「博餅」などの閩南人に特有の習慣も根強く残っています。また、アモイ近郊には「土
楼」と呼ばれる客家人が暮らす巨大な円形住宅がいくつか点在しており、現在も昔ながらの風習を守り、民族の強い団結の中、生活している人々もいます。

中国は日々成長していますが、まだまだ生活に追われる人々が大部分で、そのため昔のものを守り、生活環境を変えることなく生活している人々も存在します。朝の公園に行ってみると、そのことがよくわかります。

アモイのバスターミナル

■生活状況

アモイはここ十数年の生活水準は高くなってきています。人々はマンション、アパートに住み、テレビ、DVD、冷蔵庫、洗濯機、エアコンなども整
い、日本の生活とそれほど違いを感じないほどです。その一方で、あまり目にすることはありませんが、まだまだ文化的生活とはいえない生活をしている人も少
なくありません。

アモイ市街を車で3時間ほど離れると、生活水準は著しく低くなります。一般労働者の平均月収は、アモイ市街では1,200元から3,000元程度ですが、田舎では600元から1,300元程度と半分になってしまいます。

物価については、公共料金は日本の7分の1程度、その他の生活用品でおよそ3分の1から5分の1程度です。最近は、急激な物価上昇と家賃の上昇
により、一般就労者の生活は厳しくなっています。特に公共料金、生活必需品以外は値上がりが激しく、贅沢品、輸入品は日本とあまり変わらない状況です。