合成皮革・PUレザー・フェイクレザーの違いとお手入れ方法

ローファー

普段良く使うのはフェイクレザーと合成皮革

普段私たちがよく見る革製品は、ほとんどが本物の動物の革ではなく、合成皮革、PUレザーなど、人工的に作られたものです。

本革と比べて安く、手入れが簡単な合成皮革は、動物愛護の観点からも、ますます需要が高まりそうです。

参考:
動物レザーの種類と特徴、どんなアイテムに使われているのか

さて、私達がよく聞く本物の革じゃない「合成皮革・PUレザー・フェイクレザー」ですが、これ実は3つとも意味が違います。

合成皮革・PUレザー・フェイクレザーにはそれぞれ、特徴とメリット・デメリットがあります。

今回は、合成皮革とPUレザー、フェイクレザー、この3つの違いと、それぞれのお手入れ方法をご紹介したいと思います。

合成皮革とは?

サイドファスナー2フェイスバッグ

サイドファスナー2フェイスバッグ|ビス

天然の革(皮革)に似せてつくられたものです。略して合皮とも呼ばれ、人工皮革とも言います。

布地を基材とし、ポリ塩化ビニル・ポリウレタン等の合成樹脂を塗布することで作られます。

起毛させてスエード加工にしたり銀付き革に加工のようにしたりもできます。

衣類やバッグ・靴までファッションアイテムに使用されています。家具類にも多く使用されていますね。

また、高級車などで採用されているアルカンターラやエクセーヌ、クラリーノも合皮の一種です。

最近は、抗菌効果があるものなど、本物の皮革と比べ衛生面に配慮されたものもあります。

合成皮革のメリット

・安い
・軽い
・撥水性がある
・汚れにくい(通気性がなく水を吸わないため)
・メンテナンスが簡単(日頃のお手入れは乾いた布拭き取るだけ)
・ドライクリーニングできるアイテムもある(洗濯表示を必ずチェックしましょう)

合成皮革のデメリット

・風合いが出ない(本皮のように使い込むほど風合いが出ることはない)
・劣化が早い
・見た目が安っぽい
・通気性がないため、ムレやすい

PUレザーとは

ツイルバックパック

ツイルバックパック|ジュンレッド

PUレザーとは、合成皮革の1つで、ポリウレタンを使用し人工的に作られた革のことです。

衣類やバッグ・靴などの小物の他に、最近はスマートフォンケースでも多く使われています。

PUレザーのメリット

他の合成皮革と同じく、安くて、軽く、撥水性があります。

・伸縮性がある
・滑らかで光沢がある
・(他の合成皮革より)傷に強い
・(他の合成皮革より)汚れにくい

PUレザーのデメリット

基本的に他の合成皮革と同じですが、経年劣化が早く、2~3年で劣化してしまいます。劣化すると、以下の状態になります。

・生地がひび割れてしまい、ボロボロとはがれ落ちるようになる
・生地がべたついてくる
・生地が水膨れのようになり、しまいにははがれてしまう

フェイクレザーとは?

パイソン柄ベルト

パイソン柄ベルト|ロペ マドモアゼル

フェイクレザーとは、天然の革(皮革)に似せてつくられた素材の総称です。

また、本物の動物の皮革でもフェイクレザーと呼ばれる場合があります。

例えば、牛革にクロコダイル(ワニ)の型押しをしてワニ革に似せたり、豚革にパイソン(蛇)柄のプリント加工を施して、蛇革のようにしたりする場合です。

というわけでフェイクレザーとは、合成皮革、PUレザー、型押しで作られた本物のレザーのどれかということですね。

メリットデメリットは、それぞれです。

合成皮革・PUレザー・フェイクレザーのお手入れ方法

手洗いOKやクリーニングOKのものがありますが、洗濯表示(絵表示)を必ずチェックしてください。

軽い汚れなら、水につけて固く絞ったタオルでふいて陰干しすれば大丈夫です。

ただし、PUレザーは劣化してしまうと、極端に水に弱くなるので、普段から丁寧に扱う必要がります。

本物の動物を使ったフェイクレザーの場合は、レザー製品なので、基本的に洗濯NGです。馬毛ブラシ、豚毛ブラシでホコリをこまめにとって、湿気や直射日光の当たらない場所に保管してください。

また、レザーオイルを付けて、布で擦って磨いてあげるお手入れをすると、使うほど風合いが出て、高級感が増します。

合成皮革・PUレザー・フェイクレザーの違いまとめ

動物を使った皮革と違い、安くて軽く、撥水性があり、お手入れが簡単なフェイクレザーは、普段使いできるのが魅力です。

光沢があり、高級感も出るので、トレンド性のあるデザインアイテムに使うにはちょうど良さそうですよね。

素材によっては劣化が早いこともあるので、それぞれの特徴を確認した上で、アイテムを選んで、しっかりとお手入れしながら使ってください。

标签: