カジュアルにもフォーマルにも大活躍。“きちんとかわいい”タッセルローファー  キナリノ

どんなコーディネートにも合わせやすいローファー。その中でもタッセルローファーは、タッセルがアクセントになってとてもおしゃれですよね。いつものコーディネートにきちんとしたかわいらしさをプラスすることができま

タッセルローファーで「きちんとかわいい」をプラス♪

きちんと感もありながらも、ちょっと可愛らしい印象をプラスできるタッセルローファー。定番の形ながらもタッセルがアクセントになるので、足元の印象を変えることができます。カジュアルにもフォーマルにも合わせやすいアイテムです。

出典:              

きちんと感もありながらも、ちょっと可愛らしい印象をプラスできるタッセルローファー。定番の形ながらもタッセルがアクセントになるので、足元の印象を変えることができます。カジュアルにもフォーマルにも合わせやすいアイテムです。

おすすすめのカラー

ブラック

定番のブラックは、どんなコーディネートにも合わせやすいカラーです。カジュアルなファッションに合わせると、きちんと感がプラスされるので、大人の女性にぴったりです。

出典:              

定番のブラックは、どんなコーディネートにも合わせやすいカラーです。カジュアルなファッションに合わせると、きちんと感がプラスされるので、大人の女性にぴったりです。

ボルドー

深みのあるボルドーは、ちょっと可愛らしい印象になります。マニッシュなコーディネートや、チェックのスカートなどと合わせて、ガーリーな雰囲気でまとめるのがおすすめです。

出典:              

深みのあるボルドーは、ちょっと可愛らしい印象になります。マニッシュなコーディネートや、チェックのスカートなどと合わせて、ガーリーな雰囲気でまとめるのがおすすめです。

ネイビー

定番のブラックとは違う色が欲しいなら、ネイビーがおすすめです。足元がクールな印象になるので、パンツスタイルに特におすすめです。

出典:              

定番のブラックとは違う色が欲しいなら、ネイビーがおすすめです。足元がクールな印象になるので、パンツスタイルに特におすすめです。

グレー

足元に個性が欲しいなら、グレーはいかがでしょうか。少し明るさがあるので、重たい印象になりません。服をダークカラーでまとめて、アクセントとして履くのがおすすめです。

出典:              

足元に個性が欲しいなら、グレーはいかがでしょうか。少し明るさがあるので、重たい印象になりません。服をダークカラーでまとめて、アクセントとして履くのがおすすめです。

タッセルローファーを合わせたコーディネート

パンツスタイルにさらりと合わせる

ゆるニットとスキニーデニムのシンプルコーデに、タッセルローファーを合わせたコーディネートです。ベレー帽やメガネなどの小物でマニッシュな雰囲気に。

出典:              

ゆるニットとスキニーデニムのシンプルコーデに、タッセルローファーを合わせたコーディネートです。ベレー帽やメガネなどの小物でマニッシュな雰囲気に。

タッセルローファーとパンツのコーディネートにはシャツがぴったり。襟や袖をちらっと見せるのがポイントです。パンツの色とローファーの色を合わせることで、すっきりとまとまります。

出典:              

タッセルローファーとパンツのコーディネートにはシャツがぴったり。襟や袖をちらっと見せるのがポイントです。パンツの色とローファーの色を合わせることで、すっきりとまとまります。

全体をベージュのでまとめて、バッグとタッセルローファーをカーキにしてアクセントに。大人っぽいワンカラーコーディネートです。

出典:              

全体をベージュのでまとめて、バッグとタッセルローファーをカーキにしてアクセントに。大人っぽいワンカラーコーディネートです。

ダッフルコートにもタッセルローファーはぴったりです。白のダッフルは可愛らしさが強いので、パンツとローファーは黒ですっきりとまとめるのがおすすめです。

出典:              

ダッフルコートにもタッセルローファーはぴったりです。白のダッフルは可愛らしさが強いので、パンツとローファーは黒ですっきりとまとめるのがおすすめです。

スカートコーデにきちんと感を

Aラインのスカートに白ソックス、タッセルローファーは王道の組み合わせ。ガーリーになりすぎないようにするコツは、全身を黒でまとめることです。真っ黒になりすぎないように、バッグだけは柄物にしてみて。

出典:              

Aラインのスカートに白ソックス、タッセルローファーは王道の組み合わせ。ガーリーになりすぎないようにするコツは、全身を黒でまとめることです。真っ黒になりすぎないように、バッグだけは柄物にしてみて。

白のタートルネックニットを、すっきりと着こなしたコーディネートです。スカート・タイツ・タッセルローファーの色を揃えて大人っぽく。クラッチバッグがアクセントになっています。

出典:              

白のタートルネックニットを、すっきりと着こなしたコーディネートです。スカート・タイツ・タッセルローファーの色を揃えて大人っぽく。クラッチバッグがアクセントになっています。

シャツ、カーディガン、スカート、ローファーというシンプルなコーディネートです。色もモノトーンでまとめているので、真似しやすいですね。ハットとストライプのソックスで外しているのがポイントです。

出典:              

シャツ、カーディガン、スカート、ローファーというシンプルなコーディネートです。色もモノトーンでまとめているので、真似しやすいですね。ハットとストライプのソックスで外しているのがポイントです。

今年らしいルーズなシルエットにも、タッセルローファーは似合います。明るめのブラウンを選ぶことで、可愛らしさもアップ。黒、ベージュ、ブラウンの色合わせを楽しんでみてください。

出典:              

今年らしいルーズなシルエットにも、タッセルローファーは似合います。明るめのブラウンを選ぶことで、可愛らしさもアップ。黒、ベージュ、ブラウンの色合わせを楽しんでみてください。

すっきりとした大人カジュアルコーディネートです。足元はタッセルローファーで可愛らしさもプラスされています。

出典:              

すっきりとした大人カジュアルコーディネートです。足元はタッセルローファーで可愛らしさもプラスされています。

一足は持ちたいタッセルローファー

タッセルがあることで、普通のローファーよりもちょっと個性が見えるタッセルローファー。いつものコーディネートにぜひプラスしてみてくださいね。

出典:              www.flickr.com(@Robert  Sheie)

タッセルがあることで、普通のローファーよりもちょっと個性が見えるタッセルローファー。いつものコーディネートにぜひプラスしてみてくださいね。