入社式の服装チェック!靴は就活中のでいいの? 知ってて100%得する情報館

さて、春といえば「始まりの季節」

 

大学の入学や会社への入社。

桜が咲く頃に、新たなスタートも始まります。

 

とはいえ、新たなスタートには不安もつきもの。

特に、日本人は周囲との協調を気にする傾向があります。

周りがどんな様相なのか、気になって仕方ない人もいるでしょう。

今回は、今春から働き始める新入社員の方に、

入社式での服装について絶対外さない鉄板を伝授します。

 なかでもこの記事では、

意外と忘れがちな靴の選定について伝えます。

ちなみに、記事で伝える内容は、

実際に私が入社式で意識したポイントだけでなく、

先輩職員や人事の方に聞いた内容も踏まえています。

靴は就活中のものでもいいの?

靴を選ぶうえで気になるのはここでしょう。

 

「就活中の靴、そのまま履いていっていいの?」

 

男女問わず、就活で使用した靴はフォーマルなものです。

そのため、社会人になってからも使うことは可能です。

 実際、既に働いている先輩社員の方を見渡すと、

就活でも使えそうな靴を履いている人はいます。

 私もこれは人事の方に事前に聞いたのですが、

「就活中の靴で特に問題ない」ということでした。

マイナンバー 拒否 罰則 従業員 画像

ただし、以下の点には注意が必要です。

 

1つは、靴の痛み具合です。

 

就活を通して、靴に汚れやキズがついてしまったかもしれません。

多少の汚れやキズでしたら磨けば良いものの、

磨いても上手く修復できない場合は、

新たな靴を買うことをオススメします。

 

入社式で靴まで見ている先輩社員の方は少ないでしょうが、

翌日からは実際に働き始めるわけです。

 

当然、靴を見られる機会も増えてくるでしょう。

であれば、いっそのこと靴を新調した方が良いです。

就活 髪型 男 NG 画像

2点目は、多少派手な靴での参加です。

 

会社によっては、黒を貴重とした靴ではなく、

多少自由度の高い靴での仕事が認められている場合があります。

 実際、ボーナスが入ると靴やネクタイなどをオシャレにする、

そんな光景をよく目にします。

 ですが、入社式は式典です。

 過去に働いた経験もなく、フレッシュマンであるならば、

入社式から派手な靴を履くのは良くないです。

 靴は見ないと先ほど書きましたが、

あまりにも目立つ靴であれば当然目につきます。

 働く前から自分の評判を下げてしまわない様に、

就活中の靴で参加することをオススメします。

最後に

ここまで書いた話は、あくまで一般論です。

あなたが入社する会社の風土などは加味してください。

 とはいえ、どんな会社であっても、

就活中に使った靴がダメな会社はないでしょう。

 

スタートの、しかも入社式で目立つ必要は全くありません。

無難に就活で使用した靴で参加するのが良いと思います。

では、素敵な入社式になることを願ってます!