「東京マラソン2017」開催記念ランニングシューズ アシックスジャパンから3タイプ

   アシックスジャパンは、東京マラソン2017の開催を記念したランニングシューズ3タイプの先行予約を11月1日から受け付け始めた。17年2月26日に開催する東京マラソンを記念し、同社を代表するシューズをベースに東京マラソンをイメージしたデザインの特別仕様シューズ。

  • 東京マラソン2017開催記念シューズ

    東京マラソン2017開催記念シューズ

  • 「TOKYO」のロゴや年号をアッパーやかかと部分、中敷きなどにレイアウト

    「TOKYO」のロゴや年号をアッパーやかかと部分、中敷きなどにレイアウト


歴史的な建造物などをモチーフ

   さまざまなランナーに喜ばれるよう、クッション性やフィット性に優れた高機能ランニングシューズ3タイプを企画したという。

   「DynaFlyte TOKYO(ダイナフライトトーキョー)」(1万6500円、税別=以下同)「GEL-KAYANO 23 TOKYO(ゲルカヤノ23トーキョー)」(1万8500円)「TARTHER JAPAN TOKYO(ターサージャパントーキョー)」(1万9000円)の3タイプ。

   「DynaFlyte TOKYO」は、アシックス史上最軽量のミッドソール(甲被と靴底の間の中間クッション材)素材を搭載したスピードを出しやすい。「GEL-KAYANO 23 TOKYOは走行時の重心がシューズの中心に集まりやすい構造で安定性を高め、衝撃緩衝材の位置や形状を工夫するなど、足に優しい設計で快適な走り心地が得られる。「TARTHER JAPAN TOKYO」は走行時のさまざまな方向へのグリップ力を発揮する「デュオソール」が特徴でシリアスランナーの走りに応えるフラッグシップモデル。

   デザインコンセプトは「つながり」。歴史的な建造物などを朱色で郵便のスタンプ風にあしらいレイアウト。また、屋根などに見られる銅が経年変化した緑青や、雨に濡れた岩畳のような深緑、清潔で無垢な印象の白を組み合わせることで、日本らしい洗練された美しさをグラフィックで表現した。

   さらに、「TOKYO」のロゴや年号を各々のシューズのアッパー(甲被)やかかと部分、中敷きなどにレイアウトし、思い出に残るデザインとした。

   東京マラソン財団公式クラブ「ONE TOKYO」の公式ウエブサイトで先行予約を受け付ける。17年1月中旬から直営店「アシックスストア」各店、オンラインストアなどで順次発売する(3タイプ合わせて約5000足限定)。