卑弥呼だめ。靴屋破産、ユーロパシフィック、シンエイ、バレリアンシューズ

卑弥呼だめ。靴屋破産、ユーロパシフィック、シンエイ、バレリアンシューズ。

靴屋業界が不況だ。裏切者も出る。インサイダー取引は続出。

婦人靴販売会社「卑弥呼」(東京都渋谷区)の株をめぐりインサイダー取引

 関係者によると、TOBの公表前に同社関係者の知人3人が株を購入。公表後に高値で売り抜け、それぞれ1千万円前後の利益を得ていた疑いがある。

 

婦人靴専門店の卑弥呼は2016/3/181、投資会社のリサ・パートナーズ(東京・港)によるTOB(株式公開買い付け)に応じ、上場廃止になると発表した。競争激化で業績低迷が続いており、ファンド傘下でインターネット通販や海外展開のノウハウを得て、業績回復を目指す。 

 

 卑弥呼は百貨店や直営店で「卑弥呼」や「ウォーターマッサージ」などのブランドでサンダルやブーツを中心に売り場を展開してきた。近年はアパレル企業の靴市場参入などで競争が激しく、スニーカーの流行による婦人靴の需要落ち込みも逆風となった。16年3月期の業績予想は売上高が前期比11.8%減の34億3000万円と3期連続の減収で、最終赤字7億4000万円を見込む。

 

 業績回復には異業種との連携による商品開発やネット販売の強化、海外市場の開拓などが不可欠と判断。これらを実行するには専門人材や投資資金が必要なため、http://gakuseinom.exblog.jp/25960881/

 

 

皮革製品の高級紳士用靴製造の(株)トミーシューズ(奈良県大和郡山市小泉町2470-1、代表:西尾富義)は破産。

 

製靴業のバレリアンシューズ(株)(東京都葛飾区お花茶屋3-2-14、代表:遠藤三郎)は8月24日、破産決定。負債額は約11億円。

ラオックスが、シンエイの婦人靴事業取得。(3億8千万円で)。

靴事業を展開のラオックス モード・エ・ジャコモを買収し、今回はシンエイの婦人靴取得。サンダル・シューズ製造の新興製靴工業(株)も3億9千万円で取得とか。

ラオックス・代表取締役社長 羅 怡文

ラオックス株式会社は全国41店舗(2016年5月末時点)に免税店を展開。2009年に中国の大手家電量販店の傘下となった。昔は大手家電量販店であったが、現在は理美容品、化粧品、民芸品、服飾など、取扱商品は多岐にわたる。

 

 

 靴の販売はどうしたらいいのだろうか。知人は出前方式はどうかという。

学校にシューズを販売にいくように、オフィスや病院などへは婦人靴。工場へも売りにいく。半額セールで、お気に入りの靴をどうぞ。

流行のメール集客はメルアドを手に入れないといけないのが課題。ホームペイジなどは見ないし。宣伝方法や売り上げを増やす工夫が足りないのか。

 取引先を百貨店関連を外す時代です。必要品だし、時代が変われば、新しい販売方法がでてくるだろう。靴の分野は婦人靴から作業靴、学生靴とどれもこれも苦境ですね。金を借りに来ても貸してはいけません。体よく断るのが一番。破産するなら破産するしかない 金を借りてしのいでも、儲けがないのだし・・対策は資産の切り売りかな。従業員解雇はもちろんだが。借りて返せる目途をどう立てるか。まさか、新規事業とか宝くじでの考えは、地獄が待ってる。確実に金にするは資産売りしかない;

靴卸の(株)ユーロパシフィックジャパン(東京都渋谷区千駄ヶ谷3-54-13、代表:スティ-ブン・スネドン)は破産。 負債額は約9億円

シンエイを巡っては、7月29日、サンダル・シューズ製造の新興製靴工業(株)(東京都墨田区墨田4-58-3、代表:大野拡史)が負債額約21億円を抱え連鎖して民事再生法を申請して破綻している。

 

既報。バレリアンシューズ(株)(葛飾区お花茶屋3-2-14、遠藤三郎社長)は破産。  負債総額は9億6893万円。「クリスチャン・ペレー」や「ガンター」などの欧州ブランド靴の製造や販売.売り上げ減少、得意先の(株)シンエイ破産で売掛金が入らなくなった。

 販売先が悪い、危なそうな企業とは取引しない、泥棒に商品を渡すようなものです。㈱アキタバレリアン(秋田県所在)に製造を委託し、最終工程を当社が担当、卸売業者やメーカーを販路とするほか、東京都所在の関連会社を経由して小売店向けも扱い、平成8年12月期は売上高45億1700万円をあげていた。

 

 

 社交ダンスシューズの専門商社 セキネ商事株式会社 破産申請へ 負債10億円

ブームが終われば仕方がない。浮かれすぎて経営法が間違ってたと思う。

 手堅くいけば、生き残ったと思うが・・踊るアホか・・

自社ブランドを中心とした社交ダンス、バレエ用品の小売り、卸売りを手がけて店舗数を増やし、「ダンス靴のセキネ」「ダンスグッズのセキネ」として業界内で高い知名度を誇っていた。 全国のダンススクール、ダンスショップ、百貨店などを得意先としてたのに。

 

 

 靴なんて、年に2足もあれば充分、お洒落も金がなくなればしなくなる。

流行のシエアビジネス(靴をみんなで履く、サイズがあるが・・)や中古品販売も増えてきたし。靴に金をかけないですか。

 

大手婦人靴卸業者株式会社シンエイ。民事再生法の適用 負債63億円

 自社ブランドの「Riz」や「Marie」を主体に、その派生ブランドや年齢層、コンセプトに合わせた形で展開。

 百貨店に対する卸販売は低調に推移。売り上げは年々落ち込み、2015年1月期の年売上高は約114億円にまで落ち込んでいた。損益面も直近2期で赤字、 負債は膨らみ約63億円。 赤字になれば、流れを見てすぐに廃業すればいいのだろうか。

婦人靴製造連座で破綻。  新興製靴工業株式会社など2社

民事再生法の適用を申請負債21億2700万円、

大手婦人靴卸の「シンエイ」に連鎖

 

 

海外ブランドシューズの輸入販売、卸販売や自社店舗「SHOE BAR」で販売

 

靴卸の(株)シャルム丸高(大阪市生野区小路東)は4月12日、破産です。

 

 靴卸の(株)ファイブ(東京都千代田区丸の内1-7-12、代表清算人:山本太)は2月1日、特別清算の開始決定。同社と関連の㈱アカクラなどが民事再生申請し、負債額は約2億5千万円。

 

 革製履物製造業の(株)オオツカ(所在地:東京都台東区今戸 )は破産。

 

 知人が金を借りに来た話しを書いたら、どこもそうだとか言われました。蓄えなどない、手形が落ちないとかの話、不在してたら事務所のドアに金払えの紙を貼られたなど 社長連中の顔を見れば青い顔・・景気回復など絶望ではないかの世相です. 社員に給料を払えないから、土下座している社長。円安と消費税の悲劇はすごいです。

 

円安でもドル換算で日本に入って来る金はだいたい同じとか.  手のひらを返しても実態は同じで、外国人から見たら130万円で80万円の物が買える。だから観光にきたり買い物したりしてくれるが、日本は80円で変えたものが130円に値上がり消費者の苦境と、中小零細の破綻が増えるだけとか・・為替操作で景気回復すればマジックとか。やはり資源開発とか、発明工夫とか新製品開発や循環を良くするなど実体の変化がないとダメとの意見がある

 

 

靴問屋の知人が青い顔して手形が落とせないと金を借りに来た。輸入業者は円安で苦境らしい。銀行融資を受けようにも輸入業ということでブラックとか。納入先には長期契約だし値上げができない.しかし輸入は円安で値上げで赤字納品。内部留保などあるわけがない、金がないと夜叉みたいな顔になる。暗い顔ばかり・・金がない社長は顔に出るんです。円高に少しふれたくらいではどうにもならないから、年末は相当に倒産破産が出ると思います

 

そうそう、靴卸業の(株)エス・ジー・エス(所在地:兵庫県神戸市代表:金永誠)は破産の申請。負債総額は約2億5千万円.

シューズ卸と小売のハギワラ(株)(東京都足立区柳原2-28-9、代表:萩原建巳)は、破産。負債額は約2億円

 

 

革製手袋製造業の森脇産業(株)が破産、負債総額は約2億3千万。結局日本中に金がないから、破産が増えるわけです。資金が尽きれば借りて一時しのぎしますが、それも利子付で毎月返す必要がある。資産を売れば商売ができない。経営者は人件費を削るから若者は仕事がない。日本は原発処理をどうするかの負債がある。大不況が来るんでしょうか 皮革業者は兵庫県に多い。靴からバッグ、手袋・ベルト、家具など・皮革の用途は多いが・・人口皮革も巧妙化。これだけ肉をたべて家畜の命を消耗するのだから、はがした皮も安いはずと思う。肉から血液や骨内臓に毛皮などすべてを利用できるから家畜産業は裾が広い。 

 

(株)アカクラが破綻です。(婦人靴の販売店)またまた、靴業界は不況のようです。&カジュアルシューズ企画卸の(株)セブントレーディング(東京都)破産ですか・・歴史的に台東区浅草は靴職人の町でした。神戸もそうでしたが・・浅草神戸は皮革の取扱い業者も多かった 今では中国に生産委託では円安だから80円原価が130円;靴仕事は中国などに仕事を奪われ、日本の靴メーカ-が淘汰され。<友人に靴問屋が多いが、メーカーの営業部長が全国周りをして土下座土下座で「なにとぞお助けをください」とされたとか。知人はアイデアを絞り靴を販売したが。自分が手を広げすぎて破産しました。若者向けから学校関係など靴の業界は多いが、どこも中国の商品に負けていきます。今は消費不況で破産が増えましたか。どの小売りも借入金を抱えいつ破産してもいいような企業は多いみたいです。儲けはもとにありですが、製造も思うようにいかない。小売りも大変。淘汰し社員があらたに製造企画や販売企画し、また靴関係の企業が増えるでしょう。なんといっても日本人は1億人以上入るし足の数からいって、需要はあるんですし、消耗品だし経営方法を工夫すれば何とか再生するでしょう。銀行からの負債は踏みす覚悟で・・

スポーツ靴輸入卸「トライデント」負債40億円超

株)アカクラは負債不明だが、売上高102億あったから大きいだろう。&;「株式会社ウヱムラ」も破産。靴店「エルモファイブ」、「ファイブ・イー」経営のJSも破産へ 靴は100円ショップでも売ってるし、裸足に国はないから低開発国では原価100円もしないのかな。それを輸入し、原料として日本人ように加工し500円程度で製造し販売価格2500円と算盤は甘いか

沖縄の新聞のように「国の金をいただき国の悪口書いて国の政策妨害する寄生虫企業をつぶさないといけないです。百田直樹さん頑張れ。彼は、どうしてるんかな。(過去、沖縄の一企業が国の手厚い保護により、倒産から立ち直った企業があるがご存知であろうか? あの沖縄建設業最大手である國場組、そして、沖縄の銀行 業最大手の琉球銀行がそうだ。この二企業は、バブル崩壊によって多量の不良債権を抱えたことで倒産したのではあるが

そう、沖縄の中小企業はこの沖縄特措法によって、これからも守られ続けるという事なのである。保険みたいなもの?なのだが、保険料を支払っているのも国民であり、あてがわれるお金も国民の税金という事になる。・・詳しくは下記の記事参考にください。ABCマートのようにあくどく経営しないと勝てないとは情けないです(全国展開する靴の販売チェーン「ABCマート」が従業員に違法な長時間労働をさせていた ABCマートに東京労働局が苦言 「指導を繰り返しても是正しなかった」「1~2年の話ではない ABCマートの違法残業が問題に ノルマ未達成で自腹購入も ブラック企業が生き残るはなぜか。「労働者の味方のふりしてた共産党」は世話しないのか、解決能力がないのだろうか。若者政党を結成し社会の矛盾をただす政治家が出てほしいです。 共産党などは、自民党政策を反対し国を滅亡させ赤い国に売り渡すとかいわれるです。婦人靴小売大手「AKaKuRa」がやられたみたいです。負債は多いでしょう。神戸とか浅草とか靴の工場や問屋は消えてるし・・量販店も危なくなりましたか・・&; 2015年2月22日、中国経済網によると、中国広東省東莞市で、100社を超える大型工場が、春節(旧正月)前に倒産あるいは生産停止の状態に追い込まれるなど、中国製造業に“倒産ラッシュ”が押し寄せている。

神戸の靴メーカー「大神戸製靴」が破産.婦人靴の製造・販売を主力に事業を展開していたものの、阪神淡路大震災により工場が焼失し復興に多額の費用を要したことから資金繰りが悪化、2009年10月には民事再生法の適用を申請し再建を目指したものの、業績は好転せず今回の措置となった。資本金は4000万円

スポーツ靴輸入卸「トライデント」が弁護士一任、負債40億円超2015年4月 9日 スポーツシューズ卸のトライデント、自己破産申請へ (帝国データバンク) <br>東京都豊島区に本拠を置くスポーツシューズ輸入卸の「株式会社トライデント」は、負債総額は、帝国データバンクによると約47億6900万円、東京商工リサーチによると約40億円の見通し。官報によると、東京都江戸川区西小岩に本拠を置く靴メーカー「株式会社ウヱムラ」は、2014年12月8日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定;1954年に設立の同社は、百貨店や専門店・アパレル各社を取引先として婦人・紳士靴の企画・製造・輸入・卸販売を手掛け、自社ブランドによる展開に加えOEMによる企画・製造も行っていました。資本金は6500万円、社員数は40名です。事件番号は平成26年(フ)第12099号;靴店「エルモファイブ」、「ファイブ・イー」経営のJSが破産へ .;2015/04/10 – 大型ショッピングセンター内で婦人靴小売店の「エルモファイブ」、「ファイブ・イー」を経営していたJS㈱(北九州市若松区)が、破産.。

 

 

 (株)アカクラ(TSR企業コード:290442842、世田谷区用賀4-10-1、設立昭和44年10月13日、資本金9000万円、山本太社長、従業員320名)は6月26日までに、東京地裁に民事再生法の適用を申請したことを明らかにした。申請代理人は吉田広明弁護士(弁護士法人北浜法律事務所東京事務所、千代田区丸の内1-7-12、電話03-5219-5151)ほか1名。

 負債総額は調査中 全国に92店舗を構えていた。消費の不振や低価格ブランドの台頭などから売上のジリ貧が続き、平成26年3月期は売上高102億4400万円。 カジュアルシューズ企画卸の(株)セブントレーディング(東京都台東区浅草6-39-1、代表:宇賀村和俊)は8月5日事業停止、事後処理を中田圭一弁護士(電話03-6383-4336)に一任して、自己破産申請の準備に入った。負債額は約4億円

超円安により中国で委託生産したコストが急上昇、消費不況も重なり、売り上げ不振、採算性悪化の2重苦に陥っていた;8月1日までに事業を停止した、革製手袋製造業の森脇産業(株)(所在地:兵庫県佐用郡佐用町米田15-1 代表:森脇英俊)は、事後処理を弁護士に一任して自己破産申請の準備に入った。負債総額は約2億3千万円。