上手なお手入れのポイント編

革にあった手入れ洋品で

靴には一般的なツヤのある革や、革の表面や裏面を起毛させたバックスキン・スエードなど、いろいろな加工をされた革が使われています。 必ず革にあった手入れ洋品でお手入れをしてください。

靴クリームは薄く塗る

靴クリームの塗りすぎは禁物です.薄く全体にまんべんなく塗り伸ばしてください。

ブラシを使い分ける

汚れ落し、仕上げ、クリームの色別などによって、ブラシを使い分けてください.しみや色まじりを防ぎ、きれいに仕上がります。
靴を長持ちさせる方法
水は靴の大敵
靴は水を吸収すると型崩れしやすくなります.雨や泥水から靴を守ることがシミを付けにくく靴を長持ちさせる大きなポイントです。あらかじめ靴に防水スプレーをしっかりとかけておきましょう。
(ヴィオラガードスプレー・オールマイティー ¥1700、¥1500¥800)
底革にもお手入れを
革底の靴は底の土を落し、ミンクオイルを塗りこんでください.水の侵入やヒビ割れを防ぎ、靴を長持ちさせます。
(ヴィオラガードスプレー・オールマイティー ¥1700、¥1500¥800)
(kiwiミンクオイル¥500、kiwiミンクオイルスプレー¥1000)
靴にも休日が必要
一日履いた靴はあせをたっぷり吸い込んでいます.靴の内部を乾かし、足の健康の為にも2足以上の靴を交合に履き替えましょう。1足の靴を毎日履きつづけるよりはるかに長持ちします。

From:日本靴卸団体連合会