アモイの基本情報

厦門(アモイ)は成田空港から飛行機で約4時間半。中国福建省の南東部、台湾の対岸に位置し、また九龍江の河口でもあり、港湾都市、海港風景都市として有名です。南東は海を隔てて金門島を望むことができます。気候、環境の面から、のんびり旅行したり生活するには最適な場所といえます。

厦門は4つの区が集まっている本土と、2つの区がある厦門島からなる都市ですが、厦門島の方が街の中心であり、 厦門島南西部にあるコロンス島が観光産業の中心です。

厦門は、元々港町として発展してきた都市で、人口は約350万人、厦門島市街地には約190万人が生活しています。総面積は約1,600㎢で、その内厦門島は約130㎢であり、本土との間は4本の橋と1本の海底トンネルで結ばれています。

厦門には約3000年前頃から閩南(ミンナン)人が住んでおり、隣の泉州と漳州を含めて閩南と呼ばれています。地元の人々は標準語の他、台湾語とほぼ同じ言葉の閩南語を話します。中国の標準語である普通話では「厦門」と書き「シャーメン」と発音しますが、日本では閩南語の発音の「アモイ(Amoy)」で呼ばれています。

唐代中期には「新城」と呼ばれていましたが、明初期に初代皇帝朱元璋により「厦門城」が創建され、以降「厦門」と呼ばれています。また、厦門といえば明代末から清代初期の英雄、鄭成功が有名で、厦門島から船で3分のコロンス島には、鄭成功像が建っています。

コロンス島は1902年共同租界地に定められ、各国領事館、商社、学校、寺院が建設され、また華僑の住宅や別荘も多く、現在は旧日本領事館をはじめとする1900年代の建築物が多く残る地域です。コロンス島で華僑が競って洋館を建てた20世紀初頭、ある華僑がホワイトハウスを模して1907年に造営した建物がオルガン博物館として開放されています。他にも日光岩、寂荘花園などの観光名所が数多く点在しています。また、コロンス島は一台の車もなく美しい島で、現在、世界文化遺産申請の準備が進められています。

厦門は1979年に当時中国で4つの経済特区のうちのひとつに指定され、日本企業など外資系企業が数多く進出しており、毎年9月には海外投資博覧会が開催されています。また福建省の副省級市であると同時に、全国に5つある計画単列市※のうちのひとつでもあります。省級経済管理権限を有しており、かつ地方立法権も持っていま

す。国共双方

の距離が一番近い前線基地であるため、かつて大陸と台湾が敵対していた期間は、砲火戦が続いていました。

※計画単列市:省級

地方の一級下のレベルである地級地方において、経済および社会発展の諸項目について省の計画から独立し、単独で全国計画に編入される有力都市のこと。

日本語名称 厦門 方言 閩南語
中国語名称 厦门 気象条件 亜熱帯海洋性季節風気候
英語名称 Xiamen 空港 厦門高崎国際空港
別名 鷺島 厦門駅、厦門北駅、高崎駅
行政区類別 副省級市、計画単列市 市外局番 0592
所属地区 中国福建省 郵便番号 361000
直轄区 思明、湖里、海滄、集美、同安、翔安 車体ナンバー 閩D
政府所在地 思明 主要な学校 厦門大学、華僑大学、集美大学
面積 1,569㎢  
人口 353万人(2010年)  
GDP 2,536億元(2011年)  
一人当たりGDP 10,947ドル(2011年)  

                                                                                                                                                                                        (アモイネット)