どうして足に合った靴が見つからないの?

あなたは自分の足にフィットしたお気に入りの靴を何足持っていますか? なかなか足に合った靴が手に入らないというのが実状ですね。 みなさんの足に合わせるための靴のサイズのJIS規格や、靴の形を決める靴型の話をして、どうやって足と靴の適合性を高めていこうとしているのかを説明します。

靴サイズのJIS規格

日本の靴はその大きさがJISで規格化されており、靴の長さを表す足長と、足囲(ウィズといいます)で決まっています。 靴のサイズは、靴そのものの大きさではなく、靴に適合する足のサイズで規定されています。 通常、長さはcm単位で表されています。 靴を買うときの、25.5などの表示が足長です。 一方、同じ足長の足でも、足囲はさまざまです。 そこで、ひとつの足長に対し、複数のウィズが規格化されています。 各足長に対応する平均的なウィズは"E"という表示で表わされています。 足囲が大きくなるにしたがって、"EE", "EEE","EEEE", "F", "G"という表示になります。 また、小さくなると"D", "C", "B", "A"となっていきます。

日本人のさまざまな足寸法に対応するために、靴のサイズは5mmごとに、ウィズの方は足長が5mm大きくなるごとに3mmずつ大きくなるようになっています。 つまり、25.5cmのEに対応する足囲は、25.0cmのEの足囲よりも3mm長いというわけです。 現在のJIS規格では、成人男子で20Eから30Gまで、成人女子で19.5Aから27EEEEまで、また子供では10.5Bから26Gまでのものが規格化されています。 ただ、現実には、足長19.5のウィズAなどという靴は、お店ではまず見つかりません。 JIS規格はあっても、実際に靴が作られ流通しているとは限りません。 これは、日本人の足長と足囲の分布にも大きく関わっていることなのです。

靴の形の基本−靴型

さて、いろいろなサイズの靴はどのようにして作られているのでしょうか。 靴の種類によっても異なりますが、革製の紳士靴や婦人靴では、それぞれの足長−ウィズの組み合わせごとに用意された靴型とよばれる樹脂型の上に、直接、革を張って作っていきます。 図に示したのがもと型となる靴型です。 ですから、この靴型が皆さんの足に適合していなければ、いくら靴のデザインを工夫したところで足に合う靴は作れないのです。