アモイの天気情報

アモイは四季を通じて春のようなので「その中でもいつが最高の旅行シーズンか?」といえば4月、5月、10月、11月でしょう。冬でもそんなに寒くはありません。

アモイはいつもお日様に恵まれ、年間をとおして緑が豊富です。年間の平均気温は20.9度で、最低でも4度です。夏は暑く、7~8月には30度を超える日がほとんどです。

8月頃は台風が多く発生するシーズンなので、天気予報には注意が必要です。台風の影響を受けて飛行機の遅延やキャンセルが発生したり、海沿いの観光スポッ
トが開放を中止したり、外出が困難になる場合もあります。またアウトドアを途中で中止せざるを得ないこともあります。豪雨によって土石流が発生する可能性
も高いです。台風の時期を避けたほうが無難でしょう。

春にアモイを訪れるなら海に浮かぶ島々を忘れてはなりません。土は酸性土壌のため目のさめるような赤褐色で「紅壤」と呼ばれています。春は霞がかかってい
ますがいたるところからで鳥のさえずりが聞こえ、花の香りが漂い、別の美しさを醸し出しています。ひなたぼっこをしながら海辺を散策するのはとても気持ち
がいいです。毎年数多くの観光客が5月~6月の春と夏にまたがる時季に満開になる鳳凰花に魅せられ、やって来ます。

真夏のアモイはまるで「東方のハワイ」のような南国の真夏の夜の夢を見ているような気分にさせてくれます。澄んで爽やかな空気をたくさん吸って、目にも美しい紺碧の海を眺め、最高のひとときを味わうことができます。もちろん泳ぐことだってできます。

秋にはその年の新茶を飲むことができます。10月になると安渓ではこの年の「黄金桂」など烏龍茶の摘みとりから加工が行われ、お茶の愛好家にとってまさに
ベストシーズンを迎えます。またアモイの独特な「中秋餅」も行われます。真っ赤に染まった美しい景色を眺めたり、上等なお茶を飲んだりしながらサクサクと
した薄皮パイを食べるのも乙なものです。

注:中秋博餅は楽しいゲームで、状元(ゲームの優勝者)になったら、その年はよい一年になると信じられています。

冬のアモイは、さほど寒くなく暖かく湿った海上の庭園です。シュロの葉が垂れさがり、椰子の木はまっすぐと伸び、ガジュマルの木はまるで巨大な壁掛けのようです。この時季、他の都市では木は枯れて葉が落ちますがアモイではまだ草木が青々と茂っています。

 作者:陆 腊梅